不倫の証拠

証拠として認められるもの

不貞の証拠を集めること

結婚相手の浮気によって慰謝料の請求や離婚の際の有責を決定しようと思ってもなかなかスムーズにいかないことがあります。

 

配偶者が不倫の事実を認めない場合です。
実は浮気の証拠には認められるものと認められないものがあるのです。
浮気していることは確かでも証拠がないために配偶者を有責に出来なかったり、慰謝料を請求出来ないということはよくあることなのです。
浮気の証拠というのはつまり、不貞の証拠と言うことになります。

 

証拠と言うことは何らかの形に残している必要があります。
極端な話では、配偶者が異性とホテルに入るのを偶然目撃したとしても、それは証拠にはなりません。
カメラやビデオで記録しておかなければ証拠にはなり得ないのです。
同様に記録に残らない電話会話が聞こえたというものも証拠にはなりません。
浮気の証拠はしっかりと記録しておくことを覚えておいてください。
たとえば音声なら録音しておきましょう。
カメラやビデオを使ってホテルなど肉体関係が考えられる場所での証拠を集めなくてはなりません。
レストランでの食事などは、浮気の証拠にならないことが多いのです。

 

不貞の証拠に至らなくても、レストランでの食事の写真やメール内容によって配偶者が不貞を認めることがあります。
証言は非常に大切なものですから、必ず録音しておきましょう。
不貞の事実を認めた発言は浮気の証拠として認められます。
一般的に浮気の証拠と呼ばれるものを集めて行けば、浮気の認定になる可能性が大きいです。
しかし直接的な不貞の証拠を得られるかどうかというのは非常に大きなポイントです。
ホテルを利用したクレジットカードの明細や領収書は直接的な証拠と認められているようです。

 

浮気の証拠は不貞の証拠、つまり肉体関係の証拠を掴むことが大切だと覚えていてください。
浮気していることが確かでも浮気が認定されないのは、この肉体関係の証拠が無い場合です。

 

不倫をした方は浮気を意地でも認めないと言うことがありますから、証拠は大切なのです。
浮気の証拠はなかなか掴みにくいものではありますが、どれだけ用心深い人でも浮気の証拠が一つも取れないということはないでしょう。
証拠を集めることに冷静な行動で対処出来れば、浮気の証拠は手に入れられると思ってください。

 

十分な証拠が集まる前に浮気を問い詰めても良い結果にはなりません。
浮気の証拠と認められるものと認められないものがあることを十二分に理解しておく必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ