注意点

調査期間中の注意点

探偵事務所依頼中は、要注意

探偵事務所を利用した浮気の調査期間は人それぞれです。
平均的に5日間と言われていますが、長い方で2か月程度行う人もいますし短い方では1日と言う方もいます。
浮気の調査とはつまり尾行ということになりますから、ライフスタイルによって期間は変わるものなのです。
探偵事務所で浮気調査をしている間には注意しておかなくてはならないことがあります。
この調査期間というのは実際に調査している時間だけではなく、調査の相談を行った日からということになります。
調査依頼は基本的に探偵事務所で行いますから、いつもと違った行動をしていることになるのです。

 

浮気の調査は浮気を疑っているそぶりを見せないことが大切です。
ですから調査を依頼しに探偵事務所に来るという行動もいつも通りの行動の範囲でないといけないのですね。
つまり探偵事務所を利用するために朝早く出かけたり帰宅時間が遅くなるようではいけません。

 

また突然の休日出勤も怪しい行動になるわけです。
浮気を疑っているそぶりを見せると、浮気の行動パターンが変わってしまうことも多いです。
そうなるとせっかく探偵事務所を利用しても浮気の証拠を得られないという可能性もあるわけです。
ですから浮気調査中は通常通りの生活を行うことを心掛けましょう。
どうしてもそわそわしたりしてしまいがちですが、浮気をしている人と言うのは配偶者の些細な変化に気が付きやすくなっている人もいるのです。

 

いつも通りの生活を心掛けるよう頭に入れておきましょう。
これは突然優しくなったりというプラスの変化もよくありません。
淡々と行っていくべき作業なのです。

 

それから気を付けなければならないのは金銭管理です。
探偵事務所を利用した浮気の調査は決して安いものではありませんから、大きなお金が動くことになります。
配偶者の口座を把握している場合、大きなお金の動きを不審に思う方も少なくありません。

 

ですから金銭管理には気を付けておくことが必要です。
また探偵事務所を利用した浮気調査をした時点で、確実に証拠が入手できると思い込み、それを前提とした離婚の計画を始める方もいます。
探偵事務所を利用した浮気調査の場合でも確実に証拠が入手できるわけではありません。
ですからもらえるはずの慰謝料を計算した無理な買い物などは決して行ってはいけません。
逆に離婚を突き付けられてしまう原因にもなりかねません。
こうした行動は男女問わず行われてしまうことがあるものですから、十分に注意してください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ